薬を通販で買える時代です。

医薬品の通販サイトは非常に便利であり、多くの人々が利用しています。
しかし、医薬品のネット販売するのは違法ではないかという疑問を呈している人は少なくありません。
医薬品の扱いは法律で厳しく管理されているのでその疑問は当然のことです。
そして、その答えはYESでもありNOでもあります。
というのも、医薬品には幅広い種類があり、それぞれの分類によってネット販売できるかどうかが決まるからです。
医薬品は大きく分けて医療用医薬品、いわゆる処方薬と一般用医薬品の2種類に分類できます。
一般用医薬品はさらに第1類・第2類・第3類の分類できます。

 

なぜこのような分類がされるかというと医薬品のなかには強い副作用があるものが少なくないため、それらを利用する人に対してはきちんとした説明が必要だからです。
ちなみに第1類のほうが副作用が強く、第3類にはほとんど副作用がありません。
特に、副作用が強いのが医療用医薬品であり、これは医師や薬剤師の指導がなければ利用することができないためネット販売をしていません。

 

一方、一般医薬品については平成26年3月までは第3類の医薬品しかネット販売することができませんでした。
しかし、平成26年4月1日以降改正薬事法によって、第1類・第2類も合わせてネット販売が可能となったのです。
ただし、医療用医薬品から一般的医薬品に移行したばかりのものは、リスクがまだ完全に把握できていないため、ネット販売するためには一定の猶予期間が設けられているので注意する必要があります。
また第1類については、販売する側は購入者が購入する医薬品についての理解をきちんとされているか確認する義務が課せられています。
その確認は主にメールによるやり取りでOKだとされているのです。
このように、ネット販売で購入できる医薬品の種類は格段に増えたことになります。
その医薬品の通販サイトで一番の恩恵を受けている人というと、高齢者や妊婦や病人などが挙げられるかもしれません。
というのも、外出するだけでも非常に身体に負担をかけてしまう一方で、医薬品は欠かせないものです。
それなのにわざわざ医薬品を薬局まで行って購入するのは負担が大きいです。

 

しかし、ネット販売を活用すれば、自宅にいながら医薬品を注文することができ、その医薬品の受け取りは配送されるため、大袈裟な話、自宅から一歩も外に出なくとも入手することができます。
外出が困難とされている人にとっては、非常に需要があるサービスとなっているのです。
また似たような理由から、近くに薬局やドラッグストアのない過疎地の地域に住んでいる人にも便利になりました。
医薬品を購入するためにわざわざ何時間も時間を費やす必要がなくなったのです。

 

このように、今まで医薬品の入手に困っていた人は非常に便利になったことは確かです。
もちろん、全ての医薬品が入手できるわけではありませんが、それらも医薬品の通販サイトで購入できるようにできないか検討されている状況にあります。

 

市販薬のほとんどがネットの通販で買える

医薬品の通販が可能になって、ほとんどの一般用医薬品が通販で買えるようになりましたね。
全面解禁とはいかず、医療用から一般用に移行したばかり(3年以内)の薬や劇薬は買えませんが、多くの方はこれでわざわざドラッグストアまで出かける必要がなくなったということです。
ちなみに、医療用から一般用に移行したばかりの薬はスイッチ直後品目と呼ばれていまして、まだ市販薬としてはリスクがわかっていないからという事で様子見をするんだそうです。
劇薬は毒物の他に、勃起障害の薬などが含まれているそうで、これがいつか解禁されたら更に医薬品の通販の幅が広がりそうですね。
解禁されたといっても販売するには色々と条件がありまして、この条件を満たしたサイトなら安心して買えると言えるでしょう。

 

まず、薬の販売の許可を受けている実店舗を持つお店のサイトである事や、お客さんが相談したい時に営業時間外でも対面や電話で対応できる環境を用意している事などがあります。

 

薬の事を知りたい時に、すぐに電話で相談できるというのは安心です。
そして、サイトのトップページには店舗の名前や写真、働いている薬剤師や登録販売者の名前、許可証の内容などを載せることが義務付けられています。
通販を利用する時は相手の顔が見えないですから、少しでも情報が多い方が信頼できますよね。
政府の公報では、この他に安心して使える医薬品の通販サイトを見極めるチェックポイントとして、医薬品のパッケージ写真や使用期限を載せているかなども挙げています。

 

とくに細かく販売方法が決められているのが第一類医薬品で、実店舗での販売でも薬剤師による対面販売が必要だったため、通販での購入の場合、症状や性別、年齢、病歴、服用している薬、妊娠しているかなどの内容をメール等で伝え、それを踏まえて服用方法や用量、使用上の注意点などの返信を受けるなどの手順が必要になってきます。
少しややこしいかもしれませんが、間違った使い方によって健康被害を受けるよりはいいですよね。
それに、薬局などで購入する場合は遅い時間になると薬剤師が帰ってしまい、仕事などで帰りが遅い方ですとほしい薬が買えないという事もあります。

 

ですから、時間のある時にメールでやり取りするだけで購入できるようになったと喜んでいる方も多いでしょう。
また、調剤薬局も医薬品の通販に参入しており、注文後、最寄の調剤薬局まで商品を受け取りに行き、そこで薬剤師から使用上の注意などを受けるというスタイルで展開しているところもあります。
メールなどのやり取りだけでは不安だという方や、今まで通り顔馴染みの薬剤師さんから説明を受けたいという方も、これなら使いやすいですね。
医薬品の通販はまだまだ始まったばかりで、これからも新しいサービスが生まれていく分野です。
便利なサービスがあっても知らなくては活用できません。
新しいものを積極的に利用していく事で、生活に余裕が生まれて毎日が楽しくなるかもしれませんよ。

通販のメリット

子供が小さいので、タイミングによってはお店に行った時にグズり出すので大変な日もあります。
そこで同じような小さい子がいる人に相談を行ったところ、よく日用品も医薬品も通販を利用しているという事を教えてもらう事ができました。
勝手に私のイメージの中でネットスーパーなどはあっても、医薬品の通販などまでできるとは思っていませんでした。
その話を聞いてから本当なのか?

 

と思いながらインターネットで検索をしてみると、医薬品の通販サイトが多くありビックリしてしまったのです。
子供が泣く中必要なものをドラッグストアで探さなくても、家の中ですべて注文まで行えるなんて凄いとも感じました。
実際に見ていくと簡単にコンビニでも24時間手に入るような医薬品だけでなく、効果の高い医薬品でドラッグストアやスーパーでも薬剤師がいないと購入できないようなものまで買える事が分かったのでビックリもしました。

 

こんなに本格的に購入できるなら・・・と思って実際にも利用をしてみました。
すると私が何かあった時に頼っている頭痛薬があり、値段もいつも買っているよりも安く販売されていたのです。
ちょうど特価品にもなっていて、わざわざドラッグストアまで車で行って購入しなくてもお得に購入ができたの嬉しくも思いました。
特に医薬品の購入といっても処方箋などが必要なかったので、その点も便利でした。

 

そして医薬品の通販サイトでは日用品も豊富に取り扱っているところが多くて、重たい水や洗剤なども一緒に購入する事ができます。
トータルの金額に応じて送料が無料になるサイトが多いのですが、なかなか医薬品だけではその金額に到達しない事があります。
ここに日用品も買い足す事によってその金額に到達して、さらに重くて持ち帰りにくいものも一緒に宅配で送ってもらえるので便利でした。
私が利用したサイトでは、一度購入したものなどをお気に入りに登録しておく事ができます。

 

医薬品などでもだいたい風邪の時にはどこの会社のものというのが決まっているので、お気に入り登録しておく事で次回の注文の時には1から探す必要がありません。 
ログイン後にすぐにそのほしい医薬品や日用品を探す事ができますので、時短で注文を行う事ができます。
小さい子供もいるのでおむつやミルクを購入する頻度も多かったのですが、実はまとめ買いをすると医薬品の通販サイトで購入する方がお得だという事も今回分かりました。
ポイントも独自に貯められるサイトが多いので、次回の購入の際に割引をしてくれます。
セール品をしている商品の場合にはそれだけでも安くなっているのですが、さらにポイント数によってはかなりお得にほしいものを手に入れる事ができます。
私のように小さい子供がいる方がいれば、ストレスなく夜中でも早朝でも好きな時間に注文ができ便利なのでオススメしたいです。
外出先で注文をしたい時にはパソコンからではなく、スマートフォンからでも注文をする事ができます。

 

優良業者リストの紹介

 

優良業者リストはこちらのサイトをご覧になる事をお勧めします⇒通販で薬を買う前に見るサイト
優良業者をまとめているサイトです

 

  • 品数が多い
  • 対応がいい
  • 梱包が丁寧

 

等を基準にしていて、分かりやすく的円られているし、最新の状態を保っているので、便利なサイトです。